たかが印象、されど印象

MENU

イメージを侮るなかれ

 商品名を変えただけで、全く売れなかった女性用の下着が大ヒット商品になったと言う話を聞きました。

 

商品名が社運を左右するとは!たかが印象、されど印象、イメージを侮るなかれという事でしょうか。

 

 私は書店が大好きで散歩がてらよく行きますが、数ある本の中からつい手に取るのは、タイトルがキャッチ―で面白そうな本です。

 

手に取ったら必ず買うわけではありませんが、手に取った段階で、私はもう入口のドアを開け一歩足を踏み入れているわけです。

 

ただそこから先もさらに歩み続けるか否かは、その商品の中身や質。

 

印象が良くても中身が伴わなければ失望も大きいですものね。

 

 馬に水を飲ませられなくても、とりあえずは馬を水辺に連れて行かなければならないわけで、ビジネスチャンスを生むのはまずは印象!?。


やはりたかが印象、されど印象、イメージを侮るなかれという事になりますかね。

 

アヤナスクリーム

 

インターネットから注文

 

うちに、液晶テレビ保護パネルが届きました。

 

先日私がインターネットから注文したのです。

 

安価なものでも、5000円ほどするそれを取り付けて、テレビをつけました。

 

やはり、つけていないのに比べると微かな違和感は否めないが、安心には変えられません。

 

実は一週間前、私は家のテレビを壊しました。

 

寝転がる私の頭の近くで、プラレールの電動車両を線路なきところで走らせる2歳児。

 

そのおもちゃは、なんと私の髪の毛を巻き込みながら走り去ろうとしました。

 

痛い!髪の毛の巻きついているプラレール、イライラして外そうとすると、痛みと共に、髪の毛がちぎてしまいました。

 

そして、勢いで、プラレールはテレビ画面の方向へと飛んで行ってしまいました。

 

ああ、痛かった、テレビでも見るかとリモコンのボタンを押すと、なぜか画像が変です。

 

 

画面に近寄ると、なんとキズが。

 

 

 

完全に自分の仕業でした。

 

そのため、仕方なく新しい液晶テレビを購入したものの、液晶の弱さに気づいたため、家には子供もいるし、と探したのが液晶保護パネルだったのです。

 

罪悪感はありますが、これでとりあえず、安心です。

 

しかし、短気な性格にも気をつけなくてはなりません。

 

高い勉強料でした。